発達障害グレーゾーン児のトイトレ。こどもちゃれんじとYouTubeのおかげで2ヶ月で終了!

わたしは発達障害グレーゾーンの3歳の息子リオを育てています。

3歳ごろの悩みのひとつは、トイレトレーニングだと思います。

わたしも一時は「大丈夫かなぁ……?」と心配していましたが、結果的にはほとんどストレスなく、2ヶ月で終わることができました。

(※うんちと寝るときはオムツですが、こっちはゆっくりでいいかな……という感じです^^;)

今回は、発達障害グレーゾーンである息子のトイレトレーニングが2ヶ月で終わった方法について書きます。

スポンサーリンク

3歳0ヶ月でトイトレ開始。3歳2ヶ月で終了

息子は3歳0ヶ月のときにトイトレをはじめて、3歳2ヶ月で終了しました。

季節は秋~冬にかけてです。

よく、「トイトレは夏に!2歳児の夏が勝負!」って言いますよね?

しかし、わが家はあっさり夏を見送りました

見送った理由は、トイトレが進みそうな気配がまったくなかったからです。

トイレトレーニングをはじめるのは「進みそう」な気配を感じてから

2歳児の夏は、オムツにたれ流し状態で(笑)、出ていることすら気づいていないのでは?という感じでした。

こんなときにはじめても、時間ばかりかかってストレスが溜まることは目に見えていました。

そのため、「進みそう」な気配を感じてから、トイトレをはじめることにしました。

息子の場合は、お風呂に入る前に浴室でおしっこをするようになったこと。

おしっこをする様子を見ると、明らかに自分で出そうとして出している感じがしたんですよね。

つまり、「排尿コントロールができているのでは?」と思ったのです。

こどもちゃれんじのおかげで「トイレでおしっこしてみよう!」という気持ちに

2歳児のこどもちゃれんじ(こどもちゃれんじ ぽけっと)では、トイレトレーニング用のグッズがたくさん送られてきます。

わが家はトイトレ目的でこどもちゃれんじを受講していたので、トイトレが進みそうになってからこれらのグッズを出しはじめました。

発達障害グレーゾーンの2歳の息子が、こどもちゃれんじをはじめることにした理由
わたしは、発達障害の疑いがある2歳8ヶ月の息子リオを育てています。 幼児教材で有名なこどもちゃれんじを、はじめてみることにしました。 ...

息子に効果があったのは、DVDとでんしゃシールです。

しまじろうがトイレに行っているのを見て、自分も行ってみたくなる

しまじろうがトイレに行く様子

〈出典〉こどもちゃれんじ公式サイト

DVDでは、しまじろうやみみりんが楽しくトイレに行っておしっこをしています。

その様子を見て、「自分もトイレに行ってみようかな……」という気持ちになったようです。

またDVDでは、息子と同い年の男の子がトイレに行って、おしっこが出たらでんしゃシールが貼れるというコーナーがあります。

息子はこれを見て、「リオくんもでんしゃシール貼りたい」としきりに言いだしました。

「貼りたい!」という気持ちが高まったところで、でんしゃシールを出す

でんしゃシール

〈出典〉こどもちゃれんじ公式サイト

このころの息子は、浴室ではおしっこが出せるのにトイレでは出せませんでした。

トイレですることを怖がっているだけに見えたので、DVDを何回か見せて「貼りたい!」という気持ちが高まったところで、でんしゃシールを出しました

「トイレでおしっこできたら、でんしゃシールが貼れるよ~」

それを聞いた息子は、やる気マンマン。勇気を出して挑戦してみました。

……そして成功!!

こんな感じで、「トイレで出す」ということができるようになりました。

段々とでんしゃシールに飽きはじめる……

でんしゃシールのおかげでトイレで出すことができるようになったのですが、段々とでんしゃシールにあきはじめました(苦笑)

すると、トイレへのモチベーションも大幅にダウン……。

そこで次なる一手としてYouTubeに頼ることにしました。

トイレ1回につき、YouTubeの動画1本というルールに

トイレへのモチベーションを上げるために、トイレで1回おしっこができるたびに、YouTubeの動画を1本見ていいというルールにしました。

もともとYouTubeの動画は、歯みがきのときと電車でのお出かけでしか見れないスペシャルな特典。

そのため、「トイレに行けば動画が見れる!」と、トイレへのモチベーションが再燃しました。

しばらくすると動画にも飽きてきたのですが、飽きるまでに「おしっこはトイレでする」という習慣ができたので、今では動画なしでもトイレに行けるようになりました。

まとめ

発達障害グレーゾーンの息子のトイレトレーニングが2ヶ月で終わった理由は次の3つです。


1. トイレトレーニングが「進みそう」という気配を感じてからはじめた

2. こどもちゃれんじのトイトレプログラムを活用した

3. YouTubeの動画を使って、トイレへのモチベーションを絶やさなかった


トイレトレーニングの参考になればうれしいです。

こどもちゃれんじの公式サイトでトイトレプログラムを見てみる

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

スポンサーリンク


シェアする

フォローする