発達障害グレーゾーンの子の就園。幼稚園?療育園?悩みすぎて発達検査を受けることにしました

わたしはもうすぐ3歳になる発達障害グレーゾーンの息子リオを育てています。

息子は来年年少さんになるので、今年は就園先を決めなければいけません。

第一希望は保育園の障害児枠なのですが、もしダメだったときのために幼稚園や療育園も視野にいれています。

保育園がダメだったときに幼稚園がいいのか?療育園がいいのか?迷いすぎて、発達検査を受けてみることにしました。

スポンサーリンク

保育園の障害児枠・幼稚園・療育園は時期がかぶっている

わたしの自治体では、次のような日程で就園先が決まります。


秋:保育園の障害児枠・幼稚園・療育園

冬:保育園の普通枠


そのため、保育園の障害児枠・幼稚園・療育園は同時並行で進めなければいけないのです。

保育園がダメだったら、幼稚園?療育園?

今のところ、わが家の第1希望は保育園の障害児枠・第2希望は保育園の普通枠です。

4月から発達をフォローしていただいている療育の先生にも、「それで問題ないでしょう」と言われています。

しかし保育園はポイント制で決まるので、ポイントの低いわが家がはいれる保証はありません。

保育園の障害児枠を希望するときに、市役所(区役所)に確認しておくべきポイント2つ
来年年少になる息子は、保育園の障害児枠を希望しています。保育園の障害児枠を希望するときに、市役所(区役所)に確認しておくべきポイントについて書きました。

そこで、保育園がダメだったときのために幼稚園や療育園も検討しているのですが、どっちも息子にはあわないような気がして、悩みはじめてしまいました。

「保育園・幼稚園・療育園に息子が入ったらどうなるか?」を予想してみた

「保育園・幼稚園・療育園に息子が入園したらどうなるか?」の予想

「保育園・幼稚園・療育園に息子が入園したらどうなるか?」をわたしが予想した見解を、ざっくりまとめてみました。

保育園は何とかやっていけるはず

保育園の障害児枠で入園できれば先生の人数も多く、サポートも手厚いので安心です。

普通枠でも、息子に合いそうなところを選べば……ですが、「何とかやっていけるのではないか?」と思っています。

幼稚園は先生の数が少ないので、お友達トラブルが心配

幼稚園は保育園に比べて先生の数が少ないです。目安は子ども25名に対して先生2名。

息子は衝動性が高く興奮しやすいので、「お友達にからんでケガをさせてしまうのではないか……」という点が不安です。

療育園は先生の数が多すぎて、先生に甘えそう

わが家から通える療育園は1つしかありません。その療育園は、子ども8人に対して先生が5名くらいと、かなり手厚くみていただけます。

しかし、息子の場合「先生の数が多すぎると甘えてしまうのでは……」と心配です。

もともと甘えんぼうで新しいことにチャレンジしないタイプなので、少しは世間の荒波にもまれたほうが、本人の成長のためにはいいのではないか?と思っています。

幼稚園か療育園かを決められないので、発達検査を受けてみることに

療育園の説明会に行って感じたのは、子どもにあった療育が毎日受けられる点が療育園の魅力であるということです。

自分の息子のことを客観的にみるのはなかなかむずかしくて、「息子のどこに遅れがあるのか?」もよくわかっていません。

そこで、発達検査を受けてみて、


毎日療育を受けて伸ばしたほうがいい課題が見つかれば療育園

毎日療育を受ける必要がなさそうなら幼稚園


……にしようと決めたのです。

まとめ

保育園の障害児枠がダメだったときに幼稚園がいいか?療育園がいいか?を決めかねているので、発達検査を受けることにしました。

早速来月に受けることになったので、今から少しドキドキです。途中でイヤがって脱走しそうだなあ……。

追記

▼2歳11ヶ月のときに、新版K式発達検査を受けました

3歳直前(2歳11ヶ月)に新版K式発達検査を受けました。検査内容と息子の結果
この記事では、息子が3歳直前(2歳11ヶ月)のときに受けた新版K式発達検査の内容と結果について書いています。
スポンサーリンク


シェアする

フォローする