【2歳9ヶ月】児童精神科を受診。はじめて言葉の遅れ(幼さ)を指摘されました

わたしはもうすぐ3歳になる、発達障害グレーゾーンの息子リオを育てています。

息子が2歳9ヶ月のときに、2回目の児童精神科を受診しました。

受診の目的は、保育園の障害児枠申請のための診断書をもらうこと。

診断書のなかに「発語面では言葉の幼さがみられる」と書かれていました。

言葉の遅れを指摘されたのははじめてだったので、少しショックを受けてしまいました……。

スポンサーリンク

1回目の受診ではADHD傾向と診断

息子は2歳8ヶ月のときにはじめて児童精神科を受診しました。

問診票の内容や発達支援センターからの意見書、問診の様子をふまえ、次のように診断されました。


・発達障害の可能性がある

・ADHDの傾向が強い

・自閉症スペクトラムの傾向は低そうにみえる


▼くわしくはこちらの記事

【2歳8ヶ月】児童精神科を受診。発達障害グレーゾーンでADHDの可能性が高いと診断されました
2歳8ヶ月ではじめて児童精神科を受診し、発達障害のグレーゾーンであると診断されました。発達障害のなかでも、ADHDの可能性が高いとのこと。診断のときの様子を書いています。

診断書をもらうために2回目の受診をした

息子は来年年少になります。

発達支援センターやプレ幼稚園の様子をふまえて、来年の就園先は保育園の障害児枠を第一希望にすることとしました。

わたしの自治体では、保育園の障害児枠を申請するためには「加配の必要性が書かれた診断書」が必要です。

そこで児童精神科を受診し、診断書を書いていただくことにしたのです。

発達障害の疑いがある2歳の息子が、児童精神科を受診する目的
発達障害の疑いがある息子は、今月はじめて児童精神科を受診します。児童精神科を受診する目的についてまとめました。

診断書の内容

診断書に書かれた診断名:多動傾向

児童精神科の先生に書いていただいた診断名は、「多動傾向」でした。

診断書の内容を要約すると、次のとおりでした。


〈診断書の内容〉

・多動がある

・衝動性が高い

・気が散りやすい

・発語面では言葉の幼さが見られる

⇒集団生活においては個別の配慮が必要です


言葉の遅れを指摘されてちょっとショック……

多動・衝動・気の散りやすさは、今までも何度も指摘されていますし、わたし自身も思い当たるところがあるので納得です。

しかし、言葉の幼さ(遅れ)を指摘されたのははじめてだったので、ちょっとショックでした。

言葉の遅れはこのように指摘され、診断書にも書かれました。


先生「1歳半では5語、2歳で2語文ですか。ぎりぎり……という感じですが、言葉の遅れを指摘されたことはありますか?」

わたし「ありません。そもそも、集団療育ではほとんどしゃべらないので、療育の先生も息子がどれくらい話せるのかわからないみたいです(苦笑)」

先生「なるほど(笑)今話しているのを聞いていると、発語面でも幼さがありますね


ショックだけど「やっぱり」という気持ちのほうが大きい

言葉の遅れを指摘されたのはショックでしたが、「やっぱりそうか……」という気持ちのほうが大きかったです。

公園とかで同じくらいの月齢の子にあうと、すごくスラスラ話してるなーと思っていたんですよね。

息子は単語は出ているし、助詞なども使いはじめましたが、ぎこちないというか……まだまだ赤ちゃんっぽい話し方。

だから先生がおっしゃった「幼さ」そのものなんだろうな、という実感です。

「保育園・幼稚園で伸びるはず」と言っていただき自信に

少しショックを受けた受診でしたが、いいこともありました。

「保育園や幼稚園などの集団生活で伸びるはず」と言っていただいたことです。


先生「お友達を見てマネしたり、お友達のなかに入っていて一緒に遊んだりしますか?」

わたし「します。お友達に対する興味は強いみたいです」

先生「それなら、保育園・幼稚園はいいですね。集団に入れば伸びると思いますよ」


わたしも同じことを考えて保育園の障害児枠に決めたので、先生のお考えと同じだったことがうれしかったです。

発達障害グレーゾーンの息子。年少の就園先は保育園の障害児枠を希望している理由
発達障害の疑いがある息子は、来年が年少さんの歳。就園先の第一希望は保育園の障害児枠です。この記事では、わが家が保育園の障害児枠を希望している理由について書いています。

次回の受診は数ヶ月後。就学に向けてフォローを継続

さて、今回で児童精神科を受診した目的が終わったのですが、継続して通う必要があるのでしょうか?

先生に聞いてみると、「今大きく困っていることがないなら、数ヶ月~半年後に来てください。発達段階を見ながら、就学に向けてフォローしていきましょう」とのことでした。

また、「3歳をすぎたら一度発達検査を受けてみてもいいかもしれませんね」と言われたので、発達支援センターの先生と相談してみたいと思います。

まとめ

言葉の遅れを指摘されたことはショックでしたが、就園は保育園などの集団生活が向いていると言われて自信になりました。

書類はほとんどそろったので、あとは無事通るか⁈がドキドキです……(*_*)

スポンサーリンク


シェアする

フォローする